読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

低温やけどの記録

低温やけどを受傷してからの治療経緯

低温やけどを受傷した日

低温やけどを受傷した日

忘れもしない、2013年5月28日 その日は風邪をひいていて、5月だというのに

寒くて、鉄製の湯たんぽを出してきて、熱湯をいれて抱えて寝ていました。

気持ちよく寝ていると、深夜に旦那が帰ってきて、私を見てびっくり。

”足に水ぶくれができている!!!!” と起こされました。。。

何ら痛みを感じていなかったので、眠いなーと思いながら自分の右足首をみて、

私も、びっくり!!!綺麗なまでの水ぶくれが出来ていました_| ̄|○

そして、水ぶくれの横には、カバーから湯たんぽが顔を出していました。

f:id:teionyakedo:20161106103251p:plain

 

やっちゃったーーーーーー!!!!!!!!!!!!

水ぶくれ=火傷!?でも、痛くないし、、、

当時”低温やけど”という言葉すら知らなかった私は、どうやって処置したらよいかわからず、翌朝一番に近所の皮膚科へ。

今思うと、全然痛くない=神経細胞が壊死している=重度の火傷ってことだったんでしょうね。。(-_-;)