読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

低温やけどの記録

低温やけどを受傷してからの治療経緯

皮膚科通院⑫-⑰(写真有り)

☆皮膚科通院⑫-⑰

(記事の最後に受傷部の写真がありますので、苦手な方はご遠慮くださいませ。)

⑫2013年8月20日、⑬8月30日、⑭9月10日、⑮9月24日、⑯10月7日、⑰10月29日

 

デブリードマン→ゲーベンクリーム の治療がひと段落し、

アクトシン軟膏治療へ。

http://druginformation-clinic.com/bucladesine/

 

アクトシン軟膏の副作用か、以前から使っているゲーベンクリームの副作用か

なんと、使っている部分に”毛”が生えてきました!!!

毛根を活性化する副作用があるのかなぁ、、(;'∀') さすがにビックリ!

先生に半分本気で、この副作用を薄毛で困っている人に有効活用できないのか?と聞いたところ、あくまで、傷跡には効くけど、薄毛に効果があるかは不明と笑われました、、はは。(苦笑)

 

とうことで、よやく、上皮化 してきました!!!!!!

上皮化まで、約5か月!!!!!!!!長かったーーーー

 

先生曰く、”上皮化に時間がかかったから、もしかして皮膚移植した方が早かったかもね” って、先生、皮膚移植はご勘弁を!!!!!

 

どうしても、ブラックジャックを思い出してしますんです。。。_| ̄|○

 

 

以下、受傷部位の写真がありますので、苦手な方はご遠慮くださいませ。

 

 

 

f:id:teionyakedo:20161106135121j:plain