読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

低温やけどの記録

低温やけどを受傷してからの治療経緯

皮膚科通院⑦-⑨(写真有り)

☆皮膚科通院⑦-⑨

(※記事最後に受傷部の写真がありますので、苦手な方はご遠慮くださいませ。)

⑦2013年7月5日、⑧7月10日、⑨7月16日

 

前回軟膏をテラジアパスタに変えてから、受傷部が赤く腫れて化膿したっぽいので、元々使っていたゲーベンクリームに戻しました。

肉芽がポコポコと出来てきて、自分で見るのも痛々しい。。。(´;ω;`)ウゥゥ

水ぶくれの下は、こんなに酷いことに、なっていたね、、、

先生が、肉芽の周りの皮膚は死んでいるから、取るねって言って、いきなり

ピンセットとハサミのようなもので、チョキチョキ。。痛い!!!!!!

先生、麻酔なしで、いきなりは痛いです。。思いっきり叫んでしまいました。(苦笑)

どうやら、壊死組織を外科的デブリードマン(除去)しているとのことで、除去してから上皮化を待つみたい。。。

 

その後、3回の通院では、毎回、デブリードマン。。

 

これが、仕方はないとは言え、麻酔無しで、痛いんです( ノД`)シクシク…

 

以下、受傷部の写真がありますので、苦手な方はご遠慮くださいませ。

f:id:teionyakedo:20161106125437j:plain