読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

低温やけどの記録

低温やけどを受傷してからの治療経緯

皮膚科通院⑱-⑳(写真有り)

☆皮膚科通院⑱-⑳

⑱2013年11月15日、⑲12月20日、⑳2014年1月21日

(※記事の最後に受傷部の写真がありますので、苦手な方はご遠慮くださいませ。)

 

低温やけど受傷部が上皮化してから、約1か月に一度のペースで通院。

軟膏も、治療目的のものから、保湿やかゆみが出た際に塗るためのものへ

 

ヒルドイドソフト軟膏

https://www.qlife.jp/meds/rx14227.html

 

f:id:teionyakedo:20161112162124j:plain

 

・リンデロンーVG軟膏

https://allabout.co.jp/r_health/healthdb/medicinedb/detail/353748/

 

f:id:teionyakedo:20161112162134j:plain

 

 

上皮化=治癒ってことなのかなあ、、

いつもは一か月後の予約をとるように言われたけど、今回は予約に関しては何も言われなかった。。

 

言われたのは、

・患部を日焼けさせない(色素沈着を防ぐため)

・患部を保湿する(ヒルドイド軟膏使用)

・かゆみが出てきたら、リンデロンを塗る

 

上記のみ。

確かに、上皮化して、治ったようにはみえるけど、けど、はっきりと火傷跡とわかるような跡が残ってる、、、_| ̄|○

 

これが、医療の限界なの!? ううううううううううううう、、、、

 

ということで、8か月程通った、近所の皮膚科での治療は、一旦終了へ、、、

 

以下、受傷部の写真がありますので、苦手な方はご遠慮くださいませ。

 

 

f:id:teionyakedo:20161106140530j:plain

 

 

 

 

皮膚科通院⑫-⑰(写真有り)

☆皮膚科通院⑫-⑰

(記事の最後に受傷部の写真がありますので、苦手な方はご遠慮くださいませ。)

⑫2013年8月20日、⑬8月30日、⑭9月10日、⑮9月24日、⑯10月7日、⑰10月29日

 

デブリードマン→ゲーベンクリーム の治療がひと段落し、

アクトシン軟膏治療へ。

http://druginformation-clinic.com/bucladesine/

 

アクトシン軟膏の副作用か、以前から使っているゲーベンクリームの副作用か

なんと、使っている部分に”毛”が生えてきました!!!

毛根を活性化する副作用があるのかなぁ、、(;'∀') さすがにビックリ!

先生に半分本気で、この副作用を薄毛で困っている人に有効活用できないのか?と聞いたところ、あくまで、傷跡には効くけど、薄毛に効果があるかは不明と笑われました、、はは。(苦笑)

 

とうことで、よやく、上皮化 してきました!!!!!!

上皮化まで、約5か月!!!!!!!!長かったーーーー

 

先生曰く、”上皮化に時間がかかったから、もしかして皮膚移植した方が早かったかもね” って、先生、皮膚移植はご勘弁を!!!!!

 

どうしても、ブラックジャックを思い出してしますんです。。。_| ̄|○

 

 

以下、受傷部位の写真がありますので、苦手な方はご遠慮くださいませ。

 

 

 

f:id:teionyakedo:20161106135121j:plain

 

皮膚科通院⑩-⑪

☆皮膚科通院⑩-⑪

⑩2013年7月29日、⑪8月16日

 

前回、意を決してセカンドオピニオンを聞きに都内のT大学病院の皮膚科に行ったものの、今までの治療方法は正しいとお墨付きをもらい、引き続き近所の皮膚科に通院。。。

 

通院の頻度が毎週ではなく、2週間に1回になったものの、やはり、壊死した皮膚の除去(デブリードマン)→ゲーベンクリーム軟膏で保護

の繰り返し。

 

夏に足首を包帯でカバーするのは、蒸れてつらいよぉ。。。(´;ω;`)ウゥゥ

 

セカンドオピニオン

セカンドオピニオン

2013年7月25日

 

デブリードマン→ゲーベンクリーム

この繰り返しで、このまま近所の皮膚科に通院し続けて大丈夫なのかと不安を覚えた私。。。

近所の皮膚科に内緒で、自費(紹介状無し)で、都内のT大学病院の皮膚科を受診。

事前に予約してはいたものの、やはり、2時間くらい待たされました。(-_-;)

 

自分の名前が呼ばれて診察室に入っていくと、そこには若い医師が。

そっか、おそらく、初診は研修医の先生なのねー。と、自分で納得。

 

お薬手帳を見せながら、先生にこれまでの治療経緯と説明。

一通り話を聞いたところで、先生曰く、

”これまでの治療の方法は正しく、処方されている軟膏も妥当なもの。僕が担当しても、同じような治療をすると思う。”

 

ええーーーーーーーーー、これまでの治療、正しいんですか!?

麻酔なしのデブリードマン痛いんですけど( ;∀;) 

セカンドオピニオンをもらう為に、大学病院に来たのに、、、、結果、近所の皮膚科の先生に対するお墨付きをもらうとは、、、_| ̄|○

 

期待していた、新しい治療や薬は一切なく、脱力感にさいなまれて帰宅。。。

 

よし、ここは、ひとつ、完治するまで近所の皮膚科に通い続けるしかないかぁ。はぁ。

 

 

 

 

 

 

 

皮膚科通院⑦-⑨(写真有り)

☆皮膚科通院⑦-⑨

(※記事最後に受傷部の写真がありますので、苦手な方はご遠慮くださいませ。)

⑦2013年7月5日、⑧7月10日、⑨7月16日

 

前回軟膏をテラジアパスタに変えてから、受傷部が赤く腫れて化膿したっぽいので、元々使っていたゲーベンクリームに戻しました。

肉芽がポコポコと出来てきて、自分で見るのも痛々しい。。。(´;ω;`)ウゥゥ

水ぶくれの下は、こんなに酷いことに、なっていたね、、、

先生が、肉芽の周りの皮膚は死んでいるから、取るねって言って、いきなり

ピンセットとハサミのようなもので、チョキチョキ。。痛い!!!!!!

先生、麻酔なしで、いきなりは痛いです。。思いっきり叫んでしまいました。(苦笑)

どうやら、壊死組織を外科的デブリードマン(除去)しているとのことで、除去してから上皮化を待つみたい。。。

 

その後、3回の通院では、毎回、デブリードマン。。

 

これが、仕方はないとは言え、麻酔無しで、痛いんです( ノД`)シクシク…

 

以下、受傷部の写真がありますので、苦手な方はご遠慮くださいませ。

f:id:teionyakedo:20161106125437j:plain

 

 

皮膚科通院⑥

☆皮膚科通院⑥

2013年7月2日

前回の通院から一週間も経っていませんが、受診。

なんと低温やけどした部分が赤く腫れてきて、いわゆる化膿した感じ

なっちゃたんです( ゚Д゚)ヒィーーーーーーー

慌てて、受診すると、抗菌薬と痛み止めをくれました。

 

メイクアクトMS錠

http://druginformation-clinic.com/sulfadiazine/

ロキソニン

https://www.qlife.jp/meds/rx17162.html

 

一瞬びっくりして、どうなるんだーーーーーと思いましたが、

薬を飲むと赤みと腫れが治まりました。。ホッ(^^;)

 

皮膚科通院⑤

☆皮膚科通院⑤

2013年6月28日

皮膚科通院5回目

相変わらず低温やけどを受傷した箇所はジュクジュクした感じで、

見ると凹みます_| ̄|○

これまでゲーベンクリームを塗っていたのですが、なんとなく痛みを感じたので、

テラジアパスタ という軟膏にチェンジ

http://druginformation-clinic.com/sulfadiazine/

 

ほんと、いつまで、毎週通う日々が続くんだろう。。。